遺品整理の悩みは整理業者が解決してくれる!早めに相談しよう

遺品整理の悩みは整理業者が解決してくれる!早めに相談しよう

イス

遺品整理をスムーズに進める

急な訃報でいきなり始めることもある遺品整理では、悩むことも多くあります。効率的に進めるには、まず作業スケジュールを立てることが大切です。故人が住んでいた部屋が賃貸であれば、明け渡し期限までに、整理、清掃、手続きまで行ないます。処理方法や、業者への手配など、滞りなく進められるようにスケジュールを確認しましょう。西宮の遺品整理業者のなかには、電話したその日に対応できる業者もいるため、限られた時間で対応する遺族にとって役立つはずです。

和室

遺品を分類する

遺品といっても様々な種類があります。たくさんある遺品を整理するコツは、はじめに分類することです。家具、家電、衣類、寝具など分類を書き出し、それを元に遺品を整理するのがスムーズなやり方です。そのとき、貴重品がでてきたらまとめて保管してください。書類や封筒などは、遺言のように重要な内容である可能性もあるので、念のため中身は確認しておきます。そうやって分類しておくことで、保管するか、処分するのか、リサイクルする物なのか簡単に把握できるでしょう。

ダンボール

資産価値のあるものについて

貴重品など価値のある遺品の整理は、しっかり対応しないとトラブルをまねきます。特に高額なものがあれば、遺言に従って分配を決めましょう。また、相続人同士だと不要なトラブルが増えることもあるので、第三者に依頼するのも良いでしょう。故人が多くの資産を持っていたのであれば、早めに弁護士に相談し、分配方法を指示してもらう必要があるかもしれません。神戸には、形見分けの品を届けてくれる遺品整理業者もあるので、依頼することで負担が軽減できるでしょう。

遺品整理と生前整理の違い

遺品整理

故人の部屋を片付け、形見として残すべきもの、処分するものを仕分けていきます。遺族が遠方に住んでいたり、あまり関わりがないといった理由から、専門とする業者に依頼するケースが増えています。

生前整理

残された家族の負担を減らす目的で、亡くなる前に身の回りを整理します。本人が行なうだけでなく、家族に協力してもらい行なうこともあります。「自分の意思で整理している」ことが、遺品整理との大きな違いといえるでしょう。

広告募集中