遺品整理に悩まれてる方は業者に依頼し早めに対応

遺品整理に悩まれてる方は業者に依頼し早めに対応

和室

遺品整理は量が多く大変

遺品整理の悩みは、片付けるべきものが多いことです。家具や家電、書類まで、大きさや重さが異なります。取っておく物が多いほど整理が大変になってしまうため、なるべく処分するようにしましょう。粗大ごみであれば、処分するのに申請から回収まで時間がかかるため、事前に逆算してスケジュールを組むとスムーズに進められます。大阪や兵庫を対象に、丁寧に対応してくれる遺品整理業者もあるので確認しておきましょう。

シニア夫婦

賃貸物件の手続き

普段交流のある親族が近くにおらず、孤独死などで発見が遅くなるケースもあります。そういった場合、賃貸物件であれば、特殊清掃が必要です。特殊清掃とは、遺体があった部屋で、消毒、殺虫、消臭なども含めた、清掃を行なうことです。また、部屋の明け渡し期限や、家賃の更新など、各種手続も確認しなければいけません。確認や手続が遅れると、後のトラブルに繋がるので早めに対応しましょう。

ダンボール

トラブルを防ぐために

事前にしっかり確認と準備をしていないと、遺品整理の際に不要なトラブルが増えてしまいます。多分大丈夫だろうと、甘い考えで進めると、後悔することも多いのです。遺言に記載のない遺品の対応に関して、事前にどうするか決めておいてください。親族全員に一点ずつ確認するのは、膨大な時間を必要とするので、ある程度の方向性を定める必要があるのです。

親族で進めるか業者に依頼か

親族で進める

故人との思い出を理解している人で進めるため、勝手な判断で遺品を処分されるリスクがありません。1部屋で遺品が多くないのであれば家族で行なうほうが良いケースもあるのです。

業者に依頼

大量に遺品がある時や、体力・精神力が無いのであれば業者に依頼するほうが良いでしょう。労力と精神的負担をお金で解決できることが、業者に依頼する最大のメリットです。

広告募集中