故人の思い出の品を整理する

身内の不幸はとてもつらいものです。深い悲しみの中で、葬儀や手続きが終わったあとには、遺品整理をしなければなりません。思いでのある遺品を整理するのは精神的につらいですが、量が多く時間の制限もある中では体力的にも辛くなります。遺品整理は親族で進める方が良いですが、短時間でスッキリと片付けるには業者の力に頼ることも検討するといいでしょう。

遺品整理を業者に依頼したほうが良い場合

  • 遺品が大量にある
  • 回収所まで持っていけない、大型家具・家電がある
  • 処分したいものと買取依頼したいものが混ざっている
  • 時間がない、短時間で遺品を片付けたい
  • 遺品整理をする体力、精神力がない
  • 家電リサイクル法対象品を処分したい

遺品整理の始め方

遺品整理は何から始めるのか、どう始めればいいのかわからない人も多くいると思います。作業がスムーズに進まないと、体力的にも金銭的にも負担が大きくなっていきます。そのため事前に遺品整理について知っておき、トラブルにならないようにしておく必要があるのです。場合によって業者に依頼することもあります。大阪市にも信頼できる業者がいくつかあるので、確認しておきましょう。

遺品整理について知る

遺品整理とは

故人の遺品を整理することを遺品整理といいます。形見として残す思い出の品や、必要な物、処分するべき不要なものを分け、それぞれ適切な処置をしていきます。

現状と問題

近年ではひとり暮らしをしている高齢者が増えており、遺品整理に関わる問題も増えています。親族と疎遠になった人や、交流する機会が少なく孤独死を迎えてしまった人などの遺品整理は、大変な問題となるのです。

遺品整理の必要性

遺品整理は故人の家族が行う必要があります。遺書などで相続している場合は、不動産や証券の整理もやらなければいけません。故人が住んでいたのが賃貸物件であれば、家賃の更新や退去日の事を考え、1日でも早く整理する方が良いでしょう。

早めに遺品整理を終わらせるなら業者依頼がオススメ

作業員

遺品整理を行なうタイミング

遺品整理は葬儀などの手続が終わり、時間的余裕ができ始めたタイミングで整理するのが良いとおもいます。気持ちが落ち込んだまま始めるかもしれませんが、勢いで始めたほうがのちのち気が楽になるのです。また、親戚などへ連絡は忘れずに行ないましょう。形見分けや相続、遺書などはトラブルになりやすいので気をつけてください。

遺品整理の進め方

遺品整理は、明らかな不用品を捨てる、必要なものを確保することで進めていきます。大きな家具や家電は、早めに処分しておくとスペースを確保できて、片付けが楽になるでしょう。簡単に処分するには、不要品回収業者に依頼する方法もあります。形見分けするものや、一時的に保管するものは、一定期間トランクルームなどを利用して保管すると良いでしょう。

遺品整理のプロ

不要品回収業者や片付け業者だけでなく、遺品整理に特化した遺品整理業者も存在します。不要品回収業者のように重い家具や、大量の家財もまとめて回収できるのです。そのため、遺品が多い場合や時間が無い場合は役に立ちます。
東京にも遺品整理業者は何社かあるので、希望にあったサービスができる業者を探してみてください。

広告募集中